心臓の病気

心臓の病気は命にかかわることがあるので、慎重な対応が必要となってきます。普段から心臓に関する知識を持っておきましょう。動悸という症状は心臓のおこす不整脈のうちのひとつなので、誰にも起こりえますし、その症状が示唆する病気もさまざまです。つまり、どの病気にも、前兆として動悸という症状が付随しているのです。でも、統計をとってみると、男性より女性に多いみたいです。なぜでしょうか?特に多いのが、出産後や育児が一番大変な時期、更年期障害などで悪化する例です。出産直後は、精神的にも身体的にもノンストレスな環境は無理なので、このような不調を落ち着いて受け止め、休養を優先することが大切です。育児中の母親のストレスもとても大きく、とくに初めての育児中や、育児ノイローゼに近い人は激しく不整脈を感じることが共通しているようです。また、更年期障害の前兆として不整脈を感じる4、50代の女性も多いです。これには、ホルモンバランスが関係しています。このように、女性にストレスはつきものだと受け止めて、より良い質のリフレッシュ方法を探しておくと良いかもしれません。